東京都国立市にあるモンヤ歯科クリニックのインプラント治療について

診療予約はこちら(完全予約制)042-501-2261
国立市 モンヤ歯科クリニック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。
  失われた歯の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工歯根)療法です。この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。
 
 モンヤ歯科ではインプラント治療における患者様の様々な不安を取り除くために静脈鎮静法とSimPlantを取り入れています。
  静脈鎮静を用いることで治療時における痛みなどの不安を取り除きます。
  SimPlantとはヨーロッパで開発された最先端のインプラント治療計画システムです。安全性と審美性を第一に考え当院ではSimPlantを活用し安心なインプラント治療を行っています。
 
当院では、安心で安全な歯科治療を受けていただくために歯科麻酔医が全身管理を行っています。
体の調子が気になる方や快適に治療を受けたいとお考えの方に抗不安薬などを用いた鎮静法による治療を実施しております。
鎮静法とは全身麻酔とは異なり、お酒でいうほろ酔い加減の状態と同じように、不安や恐怖心が取れ、とてもリラックスした状態で治療を受けることができる治療法です。
ストレスがなくなり、ほとんどの場合痛みもなくいつの間に治療が終わっていたという感じがします。
鎮静法には
という利点があります。さらに精神的な緊張がやわらぐことで血圧や心拍数も安定します。治療中の吐き気を抑えることも可能です。
眠くなるが意識はなくならない
普段と同様に呼吸が出来る
呼びかけに反応できる
入院する必要がなく当日に断時間で 帰宅できる
外来での無痛治療に最適
意識がなくなる
人工呼吸が必要
呼びかけに反応できない
多くの場合入院が必要になる。当日 帰宅の場合でも時間がかかる
効果が確実で速い
健忘効果が強い
会話や口呼吸による影響がない
緊急時に対応できる
鎮静効果が弱い
健忘効果が弱い
会話や口呼吸に影響がある
副作用がほとんどない
 
「快適だった。いつの間にか治療が終わってしまい楽だった。痛みがなかったのがとてもよかった」(60代男性)
「とってもよかったです。口が動いてしまって長く開けていられないので、この治療をしていただいたら、楽に治療が受けられました。血圧や心電図などの全身の状態もみていただいているのでとても安心です。」
鎮静法を受けた方30名にアンケートをとったところ(複数回答)
以上のような結果があらわれました。
インプラント治療などで痛みに不安がある方は当院で行っている沈静法での治療をおこなってみませんか?鎮静法についての詳細はお気軽にお尋ねください。
▲上に戻る▲
 
安全なインプラント治療のためにはきちんとしたインプラント計画が必要です。当院では最先端コンピュータシステム(SimPlant)を活用してインプラント治療を実施しています。
インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。
そこで治療前に病院でCT撮影を行うようお願いしています。
病院でCT撮影を行い、当院で、最先端のコンピュータシステム(SimPlant)を使用して、あごの骨の状態を見ながら治療計画を立てます。これが、より安全で無理のない治療を進めるための最新の方法です。
歯医者でよく行うX線撮影は。歯の様子を見たり虫歯の治療をするのにはとても役にたちます。一方、インプラント治療においては、あごの骨の硬さや形を調べることが重要になります。あごの骨の状態は、骨の硬さや形、神経の位置など一人一人異なります。CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、あごの病気や神経の位置なども調べることができます。
CTで撮影した画像は、最先端のコンピュータシステム(SimPlant)に取り込まれ、コンピュータの画面上であごの骨の状態を見ることができます。
▲上に戻る▲
自費診療の際に当院では各種クレジットカードを取り扱っております。