デジタルエックス線写真(放射線撮影)システムは、撮影すると瞬時にコンピュータのモニターに映し出すことができるので今までのようにチェアに座ってX線写真が出来あがるのを延々と待たなくてもいいのです。  モニターに映し出された写真は最大400倍の大きさで見ることができます。マウスを一度クリックするだけで、一つ一つの歯を大きくしたり、歯を色々な側面から見たり、削ったらどうなるかを見たり、治療内容を説明し易くするために色をつけることもできます。